【ポエム】2019参院選でれいわの応援をした話

おまえは選挙の話しかないのかと言われそうですが…。

今回はれいわ新選組の応援をしました。

なぜれいわを応援したのか

大きく分けて3つあります。

消費税減税を掲げた唯一の有力勢力

今回の選挙、消費税が最大の焦点だったとわたしは思っています。

ところが消費税減税を政策として掲げたのは、れいわだけでした。

一体どういうことなのか、立憲の議員さんに直接疑問をぶつけてみたいものです。

いずれにしても、これでほぼ決まりでした。

有無を言わさず世界を変えていくゲリラ戦

重度障碍者を名簿の一番上にもってくるとか、どういう発想なんでしょうね。

空気を読んでたらこんなことはできない。

世界をなんとしてでも変えていくんだという強い意志を感じました。

これは応援するしかないでしょう…。

無頼・無縁者・愚連隊

なぜ自分がれいわを応援したのか、腑に落ちた記事がありました。

れいわ新選組は、左派ポピュリスト政党、などではない。それはそもそも「政党」ではなく、「左派」でもなく、「ポピュリスト」でもない。れいわ新選組は、無縁者の集まりであり、その無縁のエネルギーが、ガチガチに固まって人間を閉塞させている有縁の世界に、風穴を開けつつある。

れいわは、わたし自身だ。そう思ったのです。

自分がそうだと言えるほどの自信はありません。でも、そう有りたいと思うし、そのようにあえて振る舞ってきました。

自分に自信がないからそうしているのかもしれないとも思いますが、きっとこれからもそれしかできないのです。

ただ、わたしがわたしのままで居られる、そんな世界が実現できたら、こんな素晴らしいことはないと思ったのでした。

やったこと

今回はあんまり大したことはしてないです。

  • 山本太郎の街宣でビラ配りのボランティア
  • いとあんのイベントの手伝い
  • ビラのポスティング
れいわビラ配りの画像

この程度。

山本太郎について

わたし昔から山本太郎を応援してるんです。

彼は、空気を読まず・真剣に・民衆の立場から・行動をしていると思います。

そのあまりに、脱線したり言葉が過ぎたりすることがある。

それも含めて、自分もそうだったな〜と思うのです。311直後、自分もだいぶ脱線したり余計なことを言ったり書いたりしました。それで友人を随分なくしました(苦笑)。

https://www.youtube.com/watch?v=cnPy-YfT6DU
山本太郎 れいわ新選組 街頭演説 福島・福島駅東口 2019年7月1日

この動画の1:30あたりからの日の丸オジサンとの対話。この対話自体も面白いのでぜひ見てほしいんですが、山本太郎は稚拙であった過去を素直に振り返っています。

ただただ共感しました。自分もまた、今考えると稚拙だったな〜と思います。

そんなところも含めて、山本太郎いいな、と思うのでした。

野党(とくに立憲)本気を出せ!

今回の参院選、当初はヤル気ゼロでした。だって今回最大の争点である消費税に対して、主要野党は完全に腰が引けているんですもん。

どこにも投票する気がでなくて、今回の参院選はヤル気ゼロだったんですが、土壇場でれいわが出てきたので助かったというか応援するしかなかったという感じです。

しかしね、本来はこの役目は立憲なんですよ。

立憲だって前回、土壇場で受け皿になってくれた。空気を読まない勢力になってくれると思った。

それがどうだ。いい加減に民衆の味方としての本気を出せ!

…と思うのでした。