関西電力への火力発電所の稼働状況の確認

2017年7月28日

関西電力でんき予報[供給力に関するお知らせ]

これによれば、現在関西電力保有の火力発電の供給力は1470万kW(※)とあります。

http://www.kepco.co.jp/setsuden/graph/stop_status_pop.html

ところが、こちらの「火力発電一覧」を見ると、供給力の合計は1817万kWあるはずです。

http://www.kepco.co.jp/fuel/karyok2.html

この差分の400万kWほどの正体はなんなのか?

これを関西電力さんにたずねてみました。

———-

  • (俺)
    • 1470万kWと1817万kWの差はどこから生まれているのですか?
  • (関西電力)
    • 現在、多奈川第二発電所、および宮津エネルギー研究所が、計画停止しています。
    • また姫路第二発電所は165万kWでの運転を行なっています。
  • (俺)
    • 多奈川第二発電所はどうして停止しているのですか?
  • (関西電力)
    • 「採算が取れないため」という理由で2005年までに停止しております。
    • トラブルなどで停止しているわけではありません。
  • (俺)
    • では、宮津エネルギー研究所はどうして停止しているのですか?
  • (関西電力)
    • 同様の理由で、2004年までに停止しております。
    • トラブルなどで停止しているわけではありません。
  • (俺)
    • 姫路第二の出力が弱まっている理由は?
  • (関西電力)
    • 本来は6基の発電機があるのですが、設備増強のため1~3号機を停止しています。
    • 増強が完了すれば、発電所一覧のページにある出力になる予定です。
  • (俺)
    • なるほど、ここまでのご説明をすべて加味すると、1490万kW程度となって、
    • でんき予報の数字とぴったりあいますね。
    • ただ、でんき予報のページには「停止中の発電機:なし」と書いてあります。
    • これはなぜですか?
  • (関西電力)
    • でんき予報のページでは、計画停止中のものは含んでいないためです。
    • あくまでも一時的な停止の発電機があれば、ここに掲載されます。
  • (俺)
    • ありがとうございました。

———-

ということで、

ちまたに「関西電力は8基火力を止めている!」といったデマ(?)が流れているようですが、

さすがにそんなことはないようです。

ただ、電力不足と言われているなかで、なぜ火力発電所を計画停止したままにしているのかは疑問です。

計画停止中の火力発電所の再稼働は、2~3ヶ月もあれば可能のはずですから。

 

※7月31日現在。